「高圧電力のクレジットカード払い」「電力コストの削減依頼」「補助金申請のサポート依頼」「ポイント付与がお得な家庭用電力会社」ジャンル別におすすめの電力会社をご紹介します!

楽天電気の画像1

ランキング2位は楽天でんき(楽天エナジー)です。

楽天市場で有名な楽天グループが提供する電力供給サービスで、電気料金に応じて楽天スーパーポイントが貯められるのが1番の特徴でしょう。

電気料金200円につき、楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます。

また、楽天カードで支払えば、100円で1ポイントが貯まるというさらにお得な仕組みとなっています。

ANAマイルに交換できる楽天ポイントも魅力的ですが、還元率やポイントの交換先の数といった点から今回のランキングではこちらを2位としました。

ですが、ポイントの普及率や知名度から考えると、他の方にも十分おすすめできる電力会社です。

楽天でんきのもう一つの特徴は電気料金の「基本料金」が無料ということ。

料金を安くすることを重視したいという方には非常に嬉しい内容と言えるでしょう。

楽天でんきの利用で楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天電気の画像2

楽天カードを持っている方であれば、楽天スーパーポイントが様々な機会で貯まっていくことはご存じだと思いますが、楽天でんきの利用もその1つです。

楽天スーパーポイントは貯められる手段も使える場所も多く、条件によって高還元率を付与することができる、利便性に優れたポイントです。

実は楽天スーパーポイントは付与されるものに種類があり、それによって使用方法を変えていくことで、ポイントを無駄なく使っていけます。

【楽天ポイントの種類】

楽天ポイントは付与されるものによって「固定ポイント」と「期間限定ポイント」の2種類に分けられます。

通常のショッピングで付与されたポイントは「固定ポイント」で、こちらは年に1回何かしらの手段でポイントを追加することによって実質無期限で使うことができるポイントです。

それに対して「期間限定ポイント」はキャンペーンの参加やメルマガのクーポンなどで得られるもので、半月~数か月といった文字通りの期間限定のポイントになります。

期間が過ぎるとどんなに貯まっていても容赦なく失効してしまうので、使っていないのに突然ポイントが減ってしまった、という現象が起きたときは期間限定ポイントがなくなった可能性が高いです。

失効しないうちに使い切る工夫として、楽天Pointclubのマイページか、楽天Pointclubアプリをダウンロードして、有効期限を事前に通知してもらう設定をしておきましょう。

【楽天カードの種類】

楽天スーパーポイントを使うに当たって欠かせない楽天カード自体も様々な種類があります。

「こんなカードもあるのか!」と調べていて驚きましたが、通常の楽天カードの他に、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード、楽天PINKカード、楽天ANAマイレージクラブカード…などなど、全部で10種類もあります。

年会費がかかるカードは、ポイントの還元率も高いのですが、その分一定の額を使わないと年会費の元はとれません。

還元率の為だけに作ることはおすすめできないので、自分の経済状況と合わせて選ぶ、というクレジットカードの基本は守りましょう。

電気料金200円で1ポイント、楽天カードで支払えばさらにお得に!

楽天電気の画像3

楽天でんきでは電気料金200円で楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます。

楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として楽天市場や楽天スーパーポイントの加盟店で使うことができますが、楽天EdyとANAマイルのいずれかに交換することも可能です。

楽天Edyは楽天の発行している電子マネーのことで、プリペイド式になっています。

事前のチャージを行う必要があり、このチャージを楽天ポイントで行うことができるのです。

ANAマイルは航空会社ANAが提供しているマイレージプログラムで、マイルを貯めれば座席のアップグレードや航空券への交換が可能です。

飛行機に乗った時だけでなく、ショッピングなどで貯められる手段がいくつかあり、その1つがこのポイントからの交換です。

さらにお得なポイントとして、楽天カードを使って電気料金を支払えば、100円につき1ポイントが付与されるのです!

楽天市場自体が、商品数2億点以上を扱っているショッピングサイトなので、ポイント交換せず楽天スーパーポイントを利用するとしても、商品が少なくて選択肢に困るということはないでしょう。

マイページ画面で現在の使用電力が分かりやすい!

楽天電気の画像4

電気の使用状況って、いつも送られてくる明細を見てもたくさんの数字が並んでいてひと目では分かりにくいですよね。

前の月と比べてどのくらい減ったか増えたか、年間で見たときの使用量は多かったのか少なかったのかというのも併せて見たい!といつも明細を確認するたびに思います。

楽天でんきを契約すると、専用のマイページが利用できるようになり、月々の電気料金が時間別、日別、月別ごとにグラフで確認できます。

時間や日ごとの使用量も把握することで、電気を節約するタイミングを見つけることが出来るかもしれませんね。

楽天でんきを始めとして、新電力の会社の中にはこのように使用状況を分かりやすくしてくれるサービスがついている場合があります。

これだけでも自分の生活を見直すきっかけになる為、「うちって電気使いすぎてるかも…」と思っている方はまず現状を確認する意味でも、電力会社の変更をおすすめします。

楽天でんきの申込方法

楽天電気の画像5
電力自由化の影響で開始された楽天がスタートさせた電気小売サービスのことで、楽天アカウントを持っていれば誰でも申し込みができるものです。申し込みは全てweb上でできますし、現契約の解約手続きは楽天側が代行してくれるため不要です。

申込には楽天アカウントでログインした後に、検針票を確認しながら必要情報を入力していけば完了です。入力完了後、楽天から申込完了のメールが届きます。もし申込内容に不備があった場合は、確認メールを送ってくれますのでその際はきちんと修正しましょう。その後、供給開始予定日のお知らせメールと利用開始のお知らせメールが届いて、利用が開始になります。

また、楽天でんきのメリットは申込で楽天スーパーポイントが2000ポイント入ること、電気料金は基本料金0円で使用量に応じて金額が発生すること、電気料金200円ごとに1ポイント貯まること(楽天カードで支払いの場合は100円ごとに1ポイント)、貯まったポイントは電気料金の支払いに使えることなど色々なメリットがあります。

注意点

前の項目で申込方法~ポイント付与に関してご紹介しましたが、申し込みやポイント付与にあたって注意するべき内容がいくつかあります。

最初に「現在の契約名義と切り替え後の名義が異なる場合は申込できない」が挙げられます。携帯キャリア会社のサービスなどですと、店舗や電話で申込できるケースもあるようですが、楽天の場合、店舗を構えているわけではないため、名義が異なる場合は他の手段でも申込はできないようです。また、契約容量20アンペア以下の申込もできません。

加えて支払手段はクレジットカードのみで口座振替や振込用紙払、デビットカード払などは選択できないこと(カード請求が2度できなかった場合のみ、専用の振込用紙が送付されるのみです)、申し込み完了時のポイント付与は利用開始から3か月目の月末頃になること(利用開始月を0か月目とします)などが挙げられます。

料金シミュレーション

契約エリア・契約プラン・容量、使用月及び電気使用量を入力しシミュレーションしたところ、楽天でんきの切り替え時に初年度およそ28,810円お得になる可能性があると出てきました。この結果はあくまで一例のため、契約内容によって大きく変動してきます。

詳細のシミュレーションは、楽天公式サイトの電気料金シミュレーションで実際に金額を確認してみて下さい。
(シミュレーション時の入力条件⇒契約エリア:東京電力 契約プラン:従量電灯B 契約容量:30A 使用月:8月 電気使用量:900kWh)

まとめ

今回は楽天でんきの申込~ポイント付与までの流れ、申込~ポイント付与まででの注意点、及び料金シミュレーションについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

楽天でんきは楽天ポイントへの還元率が比較的高いこと、基本料金0円で使用量に応じての料金になること、電気料金に利用できる点も嬉しいですね。特に楽天サービスをよく利用している人には、お得に電気が利用できそうです。

会社情報

・会社名:楽天モバイル株式会社

・住所:〒158-0094 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス

・電話番号:不明

・電話受付時間:不明

サイト内検索